ビニールポケットカレンダー 実用カレンダー愛用者の口コミで人気広まる

ビニールポケットカレンダー 実用カレンダー愛用者の口コミで人気広まる

ビニールポケットカレンダー

愛用者の口コミで、人気広がる。

一番上のビニールシートは、1日ごとのポケットになっています。そのポケットシートに、忘れてはいけないもの、予定カードなどを差し込で使います。アイデアしだいで自由に使える優れもの!

二十四節気
六曜(大安のみ)
ビニールポケットカレンダー 表紙

【表紙】

ビニールポケットカレンダー 中身・3月

【中身・3月】

ビニールポケットカレンダー

税込価格2,750円(本体価格2,500円) サイズ:75.7×52cm(B2判変型)
ポケットシート(ビニール製)+表紙+12枚/壁掛け/月めくり/日曜始まり
天金
初版 : 1979年制作

購入について

ビニールポケットカレンダーの特徴

ポケットシート

カレンダーの上にポケットシートがあります。

ポケットシート

6週組みカレンダー

たっぷりの6週組みカレンダーで、スケジュールが分かりやすい!

特徴

こんな風に使っています!

こんな風に使っています!
こんな風に使っています!
こんな風に使っています!
こんな風に使っています!

ご利用者様の声

ご利用者様

56歳・主婦

「今日は何日か」分かることが、安心に。

88歳になる父がいます。記憶力が衰えていて、「今日は何日だ?」と聞かれる日が多くなっていました。 そんな時に、このカレンダーを見つけ、終わった日は紙を差し込んでいくようにしてみました。そうすると「今日は、何日か」が、すぐに分かるようなり、父も安心するようです。今では、夜になると一日の終わりとして、自ら紙を差し込むようになり、父の大事な仕事のひとつとなっています。

紙を差し込む
ご利用者様

40歳・男性教諭

「今日は何日か」分かることが、安心に。

支援学校で教師をしています。いつもと違うことが入ると、とても不安になる子がいます。また、とてもプールを楽しみにしている子がいて、「今度は、いつだ。いつだ。」と何度も何度も同じ事を聞いてきたりします。教室の中にこのカレンダーを飾り、行事を書いたカードを入れると、今月はどんな行事があるのか、いつもと違うことがある日はいつか、プールのある日はいつかが、一目瞭然に分かるようになりました。「あと、何日でプールだね。」とカレンダーを見ながら話をしています。すると、とても納得をした様子で、待っていられるのです。先の見通しを本人自身が持てることの大切さを、改めて思い知らされます。

今日は何日か

掲載記事 ※画像をクリックすると拡大します

掲載記事
掲載記事
購入について