暦で知る美しい四季、季節を感じる暮らし

2021年版 歳時記カレンダー

二十四節気・七十二候を知り、自然の移ろいとともに生活する。

気候の推移を約15日ごとに追った「二十四節気」(春分・秋分・夏至・冬至など)と、節気をさらに5日ごとに分け自然現象を解いた「七十二候」を併せて構成しています。それぞれの節気・候にちなんだ、俳句や和歌、絵を満載し、さらに季節の行事や祭り、浮世絵、食物、動物、植物などの読み物も掲載して、見て楽しい、読んでためになる、まさに歳時記カレンダーの決定版です。俳句・書道・茶道・華道・絵手紙などを趣味とされる方、農漁業・ヨガ・助産・整体・占術などに関わる方にもお勧めです。

歳時記カレンダー表紙

【表紙】

歳時記カレンダー中身

【中身・3月】

「歳時記カレンダー 小」と
「歳時記カレンダー」の内容は同じです。

歳時記カレンダー小

税込価格 1,650円(本体価格1,500円)

  • サイズ:42×29.7cm(A3判)
  • 表紙+12枚/壁掛け/月めくり/日曜始まり
  • ダブルリング製本(終わった月を後ろに回す製本)
  • 初版 : 2003年制作

歳時記カレンダー

税込価格 2,200円(本体価格2,000円)

  • サイズ:51.5 x 36.4cm(B3判)
  • 表紙+12枚/壁掛け/月めくり/日曜始まり
  • ダブルリング製本(終わった月を後ろに回す製本)
  • 初版 : 2001年制作

『文部科学大臣賞を受賞した 小学1年生のすごい自由研究』 より
著者 吉川蒼都
発行 KADOKAWA

※画像をクリックすると拡大します

歳時記アイコン 二十四節気・七十二候・月の満ち欠け・旧暦・潮名・干支・六曜・季節の花
Amazonレビュー
教養が深まります

絵も美しく、季節折々の事柄をいろいろ知ることができて楽しい。
子どもたちも暦に関心をもつようになった。

買ってよかった!

カレンダーは書き込みの出来るものを撰んできましたが…早速飾って、読むのが楽しいです。

毎年購入しています

歳時記を読みながら、季節の行事の参考にします。

毎年買います

毎年買っています。ファンです。色も綺麗だし、読んでいて、楽しいです。

見て読んで季節を味わうカレンダー

母が毎年購入しているカレンダーですが、何故また購入したいのか?でした。
歳時の事柄が沢山書かれているので季節を感じられてボケ防止になるとか?
書店の定員さんに尋ねたらAmazonで購入した方が早いと言われたそうで頼まれました。
母はプレゼントしたい所に持って行くそうです。

マルチパーパスカレンダー

季節の歳時記、月齢、日々の生活に役立つ情報がぎっしりでうれしいです。

季節が、感じられる

毎年購入している。昔の人は、これで季節を感じてたんだろうな。草花 虫 動物 天体 等々
普段 気づかない ところに 気づかされる。
ホッとする 瞬間があります。

見ていて楽しい

忘年会の時に、お世話になった人に配っています。お歳暮やお年始の代わりって感じです。好評です。

ご利用者様の声①
自然の移ろいをまさに実感

標高820メートルの南信州の村に移住して、24節気、72候が見事に自然の移ろいを表現していることを実感しています。例えば9月は、8日が「白露」(はくろ)。都会で暑さにあえいでいる頃でしょうが、早朝、草葉に露が白く見えるようになります。立侍月、居侍月、更侍月などの言葉も、山間から昇る月を見ているとまさに実感。18日は、72候で「玄鳥去」(げんちょうさる)ですが、昨年のこの頃、つばめたちが賑やかに電線に集まり、飛び去って行くのを見たのです。

石山 みどり

ご利用者様の声②
作句の際の宝箱

二年ほど前、このカレンダーと出会い、あまりにうれしくて俳句仲間にプレゼントしました。今年は何人もの方が使っているようです。俳句を学ぶ者にとって、これは作句の際の宝箱です。絵は美しく、細やかに書かれた季語の解説、知識はとても勉強になります。ビルの谷間にいても四季の移ろいを感じて、その様を想像するのも楽しい。晶子忌、子規忌、荷風忌など作家の忌日が載っていて、これはそのまま季語になるので貴重です。

小林 健次

ご利用者様の声③
これからもぜひ続けてください

日本には季節をちゃんと伝えるカレンダーが必要です。
私はおせっかいですが近所の方々にこのカレンダーを配っています。
日本の伝統ある品物ですので、誇りを持って! 
感謝。

市議会議員

掲載記事

※画像をクリックすると拡大します

掲載記事 掲載記事掲載記事朝日小学生新聞記事掲載記事

歳時記カレンダーの特徴

歳時記カレンダーの特徴図解

※画像をクリックすると拡大します

特徴1 一点一点が手描きで、細部までこだわったイラスト & 季節の情報がいっぱい!

そのものの雰囲気をイラストから感じていただくために、実物を見ながら描くことを心がけております。

季節の風物詩のイラスト
季節の風物詩のイラスト

歳時記カレンダーイラスト

※画像をクリックすると拡大します

特徴2 季節の浮世絵コラム

歌舞伎・浮世絵研究者で著名な森山暁子さんによるオリジナル解説。
庶民の生活、日々の楽しみ、季節の行事など、自然と人のかかわり。浮世絵には、このような時の流れのなかで営まれた「暮らし」が描かれています。
季節の風物詩のイラスト

特徴3 日本の文化がちりばめられている

日本の培ってきた文化の素晴らしさをお伝えできたら。

季節の風物詩のイラスト
※画像をクリックすると拡大します

着物の襲(かさね)の色目を紹介
襲(かさね)の色目とは?
自然・風物の姿をもとに、その季節の印象を表現する着物の色の取り合わせとして、伝統的に受け継がれてきました。